決定

経営陣による最終審査を通ると、採用となります。

プロセスについて

委員会と経営陣による審査

面接が終わると、さまざまな役職の Google 社員からなる独立した採用委員会が、応募者書類一式を審査します。これには面接の評価と採点、履歴書、推薦者、提出した作品などが含まれています。採用委員会は会社の規模が拡大しても一定の採用基準に基づいた審査が確実に行われるよう支援します。

委員会が採用を推薦すると、その評価を含む応募者書類一式が社内幹部に送られ、より客観的な視点による審査が行われます。

採用

社内幹部による承認が済むと、応募者書類一式は経営陣による最終審査へと送られます。そこで最終承認を得られれば採用となります。

ほとんどの組織では、入社してからも自分の能力を発揮し続けていく必要があります。Google では応募者全員に同じ採用プロセスを実施しており、初日から新しいチームメンバーと信頼関係を築くことができると確信しています。皆様のご応募をお待ちしています。