学生向け: Google への応募について

Google でのインターンシップまたはフルタイムの求人に応募する際に必要なものは次のとおりです。

  • 最新の履歴書
  • 大学が発行する成績証明書(非公式のものでも可)
  • 職種によってはカバーレターや小論文、追加情報などが必要

履歴書についての注意点

履歴書は、あなたについて私たちが目にする最初の情報です。どうすれば自分の成果をアピールできるか、いくつかのヒントをご紹介します。

  • 自分のスキルや経験は、応募するインターンシップや職務明細書の内容と合っていますか?
  • これまでに自分が担当、または管理していたプロジェクトについて具体的に説明しましょう(結果がどうなったか、成果をどのように判断したか、など)。
  • ボランティア組織やアルバイトでリーダー的な役割を担ったことがある場合は、そのときのチームの規模や仕事の範囲などを教えてください。
  • GPA(大学での成績)、および関連するスキルや知識を示す学校関連の研究課題または履修科目を記入します。
  • 文章は簡潔にまとめ、全体で 1 ページに収まるようにします。採用過程で追加の情報(ポートフォリオなど)が必要になった場合は採用担当者からご連絡しますので、ご提出をお願いします。

面接に向けた準備

  • オンラインの応募フォームを送信すると、Google の People Ops(人事)チームがあなたの履歴書、成績証明書、その他の補足資料などを確認します。
  • 次のステップに進んだ場合は、あなたのスキルを評価するために何度か面接を行います。面接は電話やビデオハングアウトで行う場合もありますし、直接お会いしてお話を伺う場合もあります。
  • 技術職に応募された方は、ホワイトボード(Google ドキュメント)でコーディングを行ったり、コーディングについて電話で話したりすることに慣れておくとよいでしょう。サンプル コーディングに関する問題は、CodeLab、Quora、Stack Overflow などで見つけることができます。『Cracking the Coding Interview』という書籍もおすすめです。
  • 面接での質問には論理的に答えましょう。どのようにして解決策を導き出したのかを示すことが重要です。あなたの考えを言葉にしてください。

面接に備えて考えておくとよい質問:

  • 個人で、またチームの一員として、どうすれば仕事をうまく進められますか?
  • 学校または職場ではどのような課題に直面しましたか、またその難関をどのように切り抜けましたか?
  • あなたのスキルや経験の中で、この職務に活かせそうなのはどのようなものですか?その理由も教えてください。

質問を理解できない場合は、わかりやすく説明してくれるよう面接担当者に頼み、時間をかけて答えを出していただいてかまいません。

動画: 技術職の面接に関するヒント | 動画: 技術職以外の面接に関するヒント

採用プロセスの詳細

学生向け: Google への応募について

Google でのインターンシップまたはフルタイムの求人に応募する際に必要なものは次のとおりです。

  • 最新の履歴書
  • 大学が発行する成績証明書(非公式のものでも可)
  • 職種によってはカバーレターや小論文、追加情報などが必要

履歴書についての注意点

履歴書は、あなたについて私たちが目にする最初の情報です。どうすれば自分の成果をアピールできるか、いくつかのヒントをご紹介します。

  • 自分のスキルや経験は、応募するインターンシップや職務明細書の内容と合っていますか?
  • これまでに自分が担当、または管理していたプロジェクトについて具体的に説明しましょう(結果がどうなったか、成果をどのように判断したか、など)。
  • ボランティア組織やアルバイトでリーダー的な役割を担ったことがある場合は、そのときのチームの規模や仕事の範囲などを教えてください。
  • GPA(大学での成績)、および関連するスキルや知識を示す学校関連の研究課題または履修科目を記入します。
  • 文章は簡潔にまとめ、全体で 1 ページに収まるようにします。採用過程で追加の情報(ポートフォリオなど)が必要になった場合は採用担当者からご連絡しますので、ご提出をお願いします。

面接に向けた準備

  • オンラインの応募フォームを送信すると、Google の People Ops(人事)チームがあなたの履歴書、成績証明書、その他の補足資料などを確認します。
  • 次のステップに進んだ場合は、あなたのスキルを評価するために何度か面接を行います。面接は電話やビデオハングアウトで行う場合もありますし、直接お会いしてお話を伺う場合もあります。
  • 技術職に応募された方は、ホワイトボード(Google ドキュメント)でコーディングを行ったり、コーディングについて電話で話したりすることに慣れておくとよいでしょう。サンプル コーディングに関する問題は、CodeLab、Quora、Stack Overflow などで見つけることができます。『Cracking the Coding Interview』という書籍もおすすめです。
  • 面接での質問には論理的に答えましょう。どのようにして解決策を導き出したのかを示すことが重要です。あなたの考えを言葉にしてください。

面接に備えて考えておくとよい質問:

  • 個人で、またチームの一員として、どうすれば仕事をうまく進められますか?
  • 学校または職場ではどのような課題に直面しましたか、またその難関をどのように切り抜けましたか?
  • あなたのスキルや経験の中で、この職務に活かせそうなのはどのようなものですか?その理由も教えてください。

質問を理解できない場合は、わかりやすく説明してくれるよう面接担当者に頼み、時間をかけて答えを出していただいてかまいません。

動画: 技術職の面接に関するヒント | 動画: 技術職以外の面接に関するヒント

採用プロセスの詳細