障がいのある方へ

Google の使命は世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。Google では、多様な経験、考え方、文化を持つ人が一緒に働くことによってすばらしいアイデアが生まれ、世界中のユーザーによりすばらしいプロダクトやサービスを提供できるようになると考えています。「個性」や「違い」を尊重し、1 人ひとりの社員が笑顔で活躍できる環境こそが真のダイバーシティ(多様性)だと考えています。

企業文化

Google では性別、年齢、国籍、障害の有無などに関わらず、社員 1 人ひとりが自分の能力を最大限に発揮して活躍しています。このダイバーシティ&インクルージョンの考え方は、Google が大切にしている企業文化のひとつです。企業として成長を続けていくためには、多様な人材が社内でともに働く環境が必要不可欠だと考えています。

求める人材像

自主的にアクションを起こせる方、自己成長のために努力できる方、課題解決のために挑戦できる方を採用しています。Google では障がい者の障がい部分ではなく、仕事上で必要な能力を最重要視します。そのため、障がい者だけの特別なポジションは設定していません。各求人情報に掲載されている条件を満たしていれば、どなたでも応募していただくことが可能です。選考に際しては他の候補者と同じく、より平等な環境で審査ができるよう面接時から必要な合理的配慮を提供しています。

働く環境

社員が最大限の能力を発揮して仕事ができるよう設備面 、サポート面も整備しています。

設備

  • エレベーター
  • 多目的トイレ
  • 通路幅 120cm 以上
  • 体調不良時の休憩室
  • 仮眠室
  • 社員食堂
  • マイクロキッチン(飲物、スナック常備)

人事制度

  • フレックスタイム制
  • 短時間正社員制度等
  • 借上社宅制度(オフィス近くに住むことで長時間通勤を回避可能)

合理的配慮について

Google はすべての社員が働きやすい職場環境づくりに力を入れています。合理的配慮のポリシーは、職場でのバリアを無くし、病気や障がいのある社員も業務上必要な役割を果たすことができるよう制定されています。例えば、聴覚に障がいのある社員に対して、ミーティング時にリアルタイム字幕(CART)の導入をした実績などがあります。このような合理的な配慮や調整は、それぞれの社員の状態とニーズに合わせて対応しています。

社内の取り組み

障がい者への理解、意識向上を目指してさまざまな活動をしています。例えば、社員によって構成されるグループ "GATE"(Google Accessible to Everyone)は、年間を通してゲストスピーカーによる講演など社内イベントを企画、実施しています。また社員のスキルアップとして 4 か月間の手話コースも開催し、多くの社員が関心を持って参加しています。

採用プロセス

すべての職種において同じ採用プロセスです。面接は日本語、英語で行われます。
詳しくはこちらを御覧ください。

求人情報

障がいのある方へ

Google の使命は世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。Google では、多様な経験、考え方、文化を持つ人が一緒に働くことによってすばらしいアイデアが生まれ、世界中のユーザーによりすばらしいプロダクトやサービスを提供できるようになると考えています。「個性」や「違い」を尊重し、1 人ひとりの社員が笑顔で活躍できる環境こそが真のダイバーシティ(多様性)だと考えています。

企業文化

Google では性別、年齢、国籍、障害の有無などに関わらず、社員 1 人ひとりが自分の能力を最大限に発揮して活躍しています。このダイバーシティ&インクルージョンの考え方は、Google が大切にしている企業文化のひとつです。企業として成長を続けていくためには、多様な人材が社内でともに働く環境が必要不可欠だと考えています。

求める人材像

自主的にアクションを起こせる方、自己成長のために努力できる方、課題解決のために挑戦できる方を採用しています。Google では障がい者の障がい部分ではなく、仕事上で必要な能力を最重要視します。そのため、障がい者だけの特別なポジションは設定していません。各求人情報に掲載されている条件を満たしていれば、どなたでも応募していただくことが可能です。選考に際しては他の候補者と同じく、より平等な環境で審査ができるよう面接時から必要な合理的配慮を提供しています。

働く環境

社員が最大限の能力を発揮して仕事ができるよう設備面 、サポート面も整備しています。

設備

  • エレベーター
  • 多目的トイレ
  • 通路幅 120cm 以上
  • 体調不良時の休憩室
  • 仮眠室
  • 社員食堂
  • マイクロキッチン(飲物、スナック常備)

人事制度

  • フレックスタイム制
  • 短時間正社員制度等
  • 借上社宅制度(オフィス近くに住むことで長時間通勤を回避可能)

合理的配慮について

Google はすべての社員が働きやすい職場環境づくりに力を入れています。合理的配慮のポリシーは、職場でのバリアを無くし、病気や障がいのある社員も業務上必要な役割を果たすことができるよう制定されています。例えば、聴覚に障がいのある社員に対して、ミーティング時にリアルタイム字幕(CART)の導入をした実績などがあります。このような合理的な配慮や調整は、それぞれの社員の状態とニーズに合わせて対応しています。

社内の取り組み

障がい者への理解、意識向上を目指してさまざまな活動をしています。例えば、社員によって構成されるグループ "GATE"(Google Accessible to Everyone)は、年間を通してゲストスピーカーによる講演など社内イベントを企画、実施しています。また社員のスキルアップとして 4 か月間の手話コースも開催し、多くの社員が関心を持って参加しています。

採用プロセス

すべての職種において同じ採用プロセスです。面接は日本語、英語で行われます。
詳しくはこちらを御覧ください。

求人情報